「木」という選択

樹木の生育に適した風土で育まれた私たちの文化は、「木の文化」と言っても過言ではありません。
私たちは「木」とともに暮らすことで、さまざまな恩恵を受け、暮らしや文化を営んで来ました。「木」と暮らすことは自然と暮らすこと。その香りや質感を感じ、「木」が生きていることを感じること。OKAZAKIはこれからも地域社会との関係、環境への配慮に心がけ、「木」と「人」をつなぐ企業でありたいと考えます。

変わらない大切さ、変わる大切さ

四季折々に美しい姿を見せる森、その木を使って創られた多種多様な建造物。
創業以来、私たちは伝統ある木工技術を継承し、価値ある製品を創造し続けてきました。木材の特徴を知り尽くしているからこそできる匠の技。弊社最大の財産はこの技術力であり、技術を持った職人たちの存在です。
しかし社会のニーズは日々変化していきます。
お客様の想いに対応するためには、常に時代の流れを読むアンテナを張り、柔軟な発想力で新しい技術の取得や製品開発にも取り組まなければなりません。
変わらないこと、変わり続けること、私たちはこの両方を大切にしていきます。お客様に本当に満足していただける、価値ある製品を創造し、木の伝統文化を守り、発展させていきたいと考えています。

創業100年の信頼と実績

OKAZAKIは2013年、おかげさまで創業100周年という節目を迎えることができました。これまで支えてくださった皆さまへ、心より感謝申し上げるとともに、これも社会に信頼される仕事でみなさまのご要望に応えてきた結果だと自負しております。 これからも「変わらない大切さ、変わる大切さ」を大切にし、お客様のご要望に応えていきます。

 
変わらない大切さ、変わる大切さ、イメージ画像
書籍イメージ画像
ページの先頭へ